中井りかが結婚相手“一般男性”の正体告白、佐久間宣行氏のテレ東の後輩だった

6/11 22:36 掲載
中井りかが結婚相手“一般男性”の正体告白、佐久間宣行氏のテレ東の後輩だった

テレビプロデューサーの佐久間宣行氏(48歳)が、6月11日にYouTubeチャンネル「新橋ヘロヘロ団〜BSノブロック〜」の動画に出演。元NGT48の中井りかの結婚相手が、佐久間氏のテレビ東京時代の後輩で、青春バラエティ番組「青春高校3年C組」の演出をしていた三宅優樹ディレクターであると語った。

今回の動画には、元NGT48の中井りかが緊急ゲストとして登場。中井は、秋元康氏と佐久間宣行氏が手掛けていた青春バラエティ番組「青春高校3年C組」で佐久間氏と仕事をしており、NGT48卒業後はそれほど絡みはなかったが、先日、佐久間氏に連絡をしてきて「YouTubeに出演させてくれ」と頼んできたという。

佐久間氏によると、中井は3月に一般男性と結婚したと報道があったが、その相手というのが、佐久間氏のテレビ東京時代の後輩で、「青春高校」の演出を手掛け、さらには佐久間氏と「俺のベビースターラーメン」でデュエットまでしているテレビ東京の三宅優樹ディレクターであるという。

中井はファンの、ガチ恋勢のような人たちから「ちゃんと説明して」と責められているのがつらく、一方で夫の三宅Dはいろんな人から結婚を祝福されていてずるい、公表したいと思ったため、「皆さんにこの機会をお借りして言おうかなと思ってなんですけど、やっぱり、こういうことをお願いできるのは佐久間さん。どっちのこともよく知る方なので、佐久間さんしかいないと思って」と佐久間氏を頼ったと説明した。

佐久間氏も去年までは交際していたことも知らず、中井から「結婚するから証人になってほしい。佐久間さんと秋元さんに」と頼まれた時に初めて知ったと語った。

関連ニュース(芸能・音楽)